FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【文化】 ”上上下下左右左右BA” ディズニー映画最新作「シュガー・ラッシュ」、日本文化を色濃く反映

1 ☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★ 投稿日:2013/02/18(月) 10:54:27.19 ID:???0
★アニメ『シュガー・ラッシュ』日本文化を色濃く反映

・2月14日、ユナイテッド・シネマ豊洲にて、ディズニー『シュガー・ラッシュ』の上映イベントが行われ、リッチ・ムーア監督と
 クラーク・スペンサー・プロデューサーが登場した。

 『シュガー・ラッシュ』は、テレビゲームのキャラクターたちを主人公にした感動のドラマである。「『トイ・ストーリー3』以来の
 ベスト・アニメ」との高い評価も得ており、アニー賞の最優秀作品賞を受賞するなど、今最も話題を集めているアニメ映画である。
 このイベントは、日本人にとっては、すごく嬉しいイベントになった。それは取材しているこちらまで気持ちよくなってくるほどである。
 というのも、この映画は日本の文化を色濃く反映している作品であり、日本抜きには語れない作品になっているからである。
 クラーク・スペンサー・プロデューサーは、映画の製作が決まったときから日本のマーケットを特別なものと考えていて、PRの
 最後の地は日本だと最初から決めていた。作品も日本受けを意識して作ったのだという。

 リッチ・ムーア監督も日本のテレビゲームで育った世代で、開口一番から「テレビゲーム発祥の地、日本に来られて
 嬉しい」と話していた。実は厳密にはテレビゲームはアメリカで生まれたものであって日本が発祥の地ではないのだが、
 本家アメリカ人が、あえて日本を”テレビゲームの発祥の地”として崇めていたこと。

 劇中には『ソニック』『ストリートファイター』『パックマン』『スーパーマリオ』など、日本のテレビゲームの人気キャラクターたちが
 数多く登場する。日本ではマイナーな『獣王記』のラスボスまでチラッと出てくるが、そこまでわかる人は相当なゲームオタクだろう。
 プロデューサーは「映画のために作ったゲームが実在するゲームだと観客に思わせるためには、日本のゲームキャラクターを
 登場させることは絶対だった」と語っている。(抜粋)
 http://cinema-magazine.com/#!/news/2548

※「上上下下左右左右BA」はWikipediaより


参照:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1361152467/l50

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2chmatome

Author:2chmatome
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
google
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。